歯医者

自宅に来てくれる

歯科に自分で行くことが出来る人はいいですが、中には自分で行くことが出来ないという人もいます。そういった人のために訪問歯科という制度も生まれています。訪問歯科は多くの人が利用しています。

Read More...

子供のために

子供は歯科に行くことを嫌がるケースが多いですが、早めに受診しておくことで治療費用がかからなくなります。家計のために、子供のためにも、早いうちから歯科に検診に行くことが大切です。

Read More...

入れ歯の傾向

歯科医に相談をしましょう

「加齢による変化で入れ歯がゆるむことも」年をとると新陳代謝が低下して唾液の分泌が少なくなり、どうしても入れ歯の吸着が悪くなります。また、長年のうちにあごの形が変わり、入れ歯がゆるくなることもあります。歯がすり減ることもあり(摩耗)、かみごこちが変わって、合わないと感じることもあります。部分入れ歯では、長年使っているうちに、クラスプ(金具の爪)部分が合わなくなって粘膜にあたり、痛むこともあります。放置しないで歯科医や歯科衛生士に相談してください。(合わない入れ歯はリライニングか作り替え)合わなくなった入れ歯を使い続けると、よくかめないばかりか、あごの変形がひどくなったり、発音が悪くなったり、入れ歯で圧迫された歯肉の血行が悪くなった潰瘍になったりします。

新しいタイプの入れ歯も

合わなくなった入れ歯は、義歯床に裏打ちをしなおして、ある程度まで部分的に調整できます。これをリライニングといいます。ただし、リライニングにも限界があります。繰り返しリライニングしても間に合わないほどになった入れ歯は、新しいものを作るべきでしょう。(入れ歯が合わないときとは)1入れ歯の縁が長すぎて唇の動きの妨げになったり、歯肉がこすれて痛んだりする。2入れ歯のかみ合わせに不均等な力がかかるところがある。3口腔粘膜に、入れ歯によって強く圧迫されているところがある。このようなケースは、すぐに歯科医に相談しましょう。(ブリッジと部分入れ歯の長所が合体)入れ歯の技術も、年々進歩しています。(ブリッジ・部分入れ歯)のよさを組み合わせたタイプもあります。すべて自由診療に限られますが、希望があれば歯科医院に問い合わせてみるとよいでしょう。

矯正歯科で歯並び綺麗

歯並びを綺麗にすれば見た目どころか、口内の環境も良くなりますので行って損はありません。矯正歯科であると器具装着して治療を行いますので、大変ではありますがキレイな歯並びが待っています。

Read More...

Copyright ©2015 歯科医院を自分の目的を果たす為に的確に利用【入れ歯から矯正まで】 All Rights Reserved.